3種のスパイスで作るにんじんとクミンのまろやか豆乳カレー

こんにちは。えだママです。

徳永久美子さんのクミンを加えたにんじんスープが美味しかったのを思い出して、にんじんとクミンのカレーを作ってみました。にんじんとクミンは相性抜群。クミンを買ってはみたものの、余らせて困っているという方はにんじんと合わせてみるのおすすめです♪

今回は野菜とお豆たっぷりのプラントベースカレーにしてみました。さらに豆乳を使いよりヘルシーに。子どもにも食べやすいようにスパイスは控えめで、苦みの少ないマイルドなものを使いました。作り方も先に刻んでしまうなど簡単に。

ここではクミンシードを使っていますが、なければクミンパウダーでも。その場合は他のスパイスと一緒に小さじ2分の1ほど加えてください。個人的にはひよこ豆をぜひおすすめしたいですが、ひよこ豆の代わりに他のお豆や鶏肉などでもOK。また、あっさりしたカレーなので、お好みで水分を飛ばして豆乳の量を増やしたり、ピーナッツバターや練りごまでコク出ししても。

スパイスが感じられつつも子どもでも食べられるマイルドなカレーです。脂質控えめですが食べ応えがあり身体にもやさしい♪我が家では5歳の上の子ももうすぐ2歳の下の子もぱくぱく、カレー好きの夫も美味しいと言ってくれました。よかったら作ってみてくださいませ^^

材料(3~4人分)
・にんじん・・・大1本(約300ℊ)
・キャベツ・・・8分の1個(約250ℊ)
・玉ねぎ・・・1個(約200ℊ)
・トマト・・・1個(約150ℊ)
・じゃがいも・・・1個(約120ℊ)
・ひよこ豆・・・200~250ℊ(今回は業スーの缶(内容量400ℊ、固形量240ℊ)を1缶使いました)
・にんにく・・・1片
・生姜・・・1片
・豆乳・・・100㏄
・オリーブ油・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1
・ブラックペッパー・・・少々
・コリアンダーパウダー・・・小さじ1
・ガラムマサラ・・・小さじ2分の1(今回はハウス食品のものを使いました)
・クミンシード・・・小さじ2分の1

作り方
1.にんにくと生姜はみじん切りします。にんじん、玉ねぎ、キャベツはフードプロセッサーで細かく刻みます。トマトは角切りにします。じゃがいもは皮をむきひよこ豆と同じくらいの大きさに切ります

2.フライパンにオリーブ油を熱し、クミンシード、にんにく、生姜を炒めます。香りがたったらにんじん、玉ねぎ、キャベツ、塩、ブラックペッパー、コリアンダーパウダー、ガラムマサラを加えて5分程度炒めます。クミンシードは焦げると苦くなるのですぐに炒められるようにあらかじめフライパンの端によけて入れてます(私がズボラだというのももちろんありますが)にんじんは入りきらないのでフープロの中(笑)塩分量が気になる場合は、ここでは小さじ2分の1ほど加え、残りは4のときに味見しながら増やしても。

3.ひよこ豆の煮汁と水を合わせて400㏄、トマト、ひよこ豆、じゃがいもを加えて10分ほど煮ます。煮汁がない場合は水400㏄で。水が足りなくなってきたら適宜加えてください

4.1度火を止め豆乳を加えて火にかけます。弱火で1~2分ほど煮たら火を止めます。味見をして味を調えてください。今回はご飯に乾燥パセリを散らして彩りアップさせてみました♪

ソーシャル
by
関連記事