N.Y.で2度も1位を獲得したパンケーキを自宅で作ってみた

こんにちは、えだママです。

ずっと食べてみたかったもののひとつに、クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニーのブルーベリー・パンケーキがあります。

クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニーは、2001年にニール・クレインバーグさんとディディ・ラーマさんご夫妻がニューヨークに開いたお店です。最初は小さなお店だったのですが、その美味しさが評判を呼び行列の絶えない人気店となりました。今では海外に支店を持ち、日本にも東京と名古屋にお店があります。すごい!まさにアメリカン・ドリーム!

中でも有名なのがニューヨークで2度も1位に輝いたパンケーキ。実はクリントン・ストリート・ベイキング・カンパニーはレシピ本を出していて、その中にブルーベリー・パンケーキの作り方もバッチリ紹介されているんです。というわけで、レシピ本を見ながらクリントン・ストリート・ベイキング・カンパニーのパンケーキを作ってみました!

しかし、ニューヨークで2度も1位になったことのあるパンケーキですよ、日本では手に入りづらい材料や高級食材を使ったり、作るのがものすごーく難しかったりするのでは……?と思いますよね。ところがレシピを見てみるとぜんっぜん普通の材料!強いて言えばグラニュー糖、澄ましバター、コーンスターチくらいですが、私はそれすらグラニュー糖は上白糖、澄ましバターは普通の有塩バター、コーンスターチはコープのとろみちゃんで代用(笑)作り方もそこまで神経質にならなくてOK!アメリカの家庭料理ですから気楽にいきましょうって感じのラフさで非常に作りやすい!

そういうわけで、肩ひじ張らずに作る雰囲気も楽しみながら作ってみました。

レシピでは4~5人分の分量で紹介されていたのでその半量で作ってみました。半量でもこの量!6枚焼けました。

本物とくらべるとぺしゃんとしてますが、それはベーキングパウダーの量が足りなかったからだと思います……(汗)作り始めて足りないのに気づきました。

お皿に取り分けて上にブルーベリーソースをのせればじゃじゃーん!自家製クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニーのブルーベリー・パンケーキの完成です!!

このブルーベリーソースをかけるだけでも普通のパンケーキがぐっと美味しくなりそう。

さぁて、ニューヨークで2度も1位を獲得したパンケーキのお味はいかほど……?夫と子ども、ひと口食べると2人とも「うふふ、うふふ」と笑い出しました。

本当に美味しいものを食べると人間はこんな反応を示すんですね!!

食感の方はよくわかりませんが、味の方は本物からそう遠くないはず。だってとっても美味しかったので。普段はホットケーキミックス粉で作ることが多いのですが、ひと手間かけるだけでこんなにも違うのかと衝撃でした。これは作ってみて本当によかった!!(でも本物もいつか食べてみたい笑)

ちなみに半量でもブルーベリー1袋180ℊすべて使ったので、作るときはブルーベリーをたっぷり用意しておくといいと思います。

以上、クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニーのブルーベリー・パンケーキを作ってみた感想でした!

それからもうひとつ作ってみたくなったのがバターミルクビスケット。こちらに詳しく書いてありますが、バターミルクビスケットもとっても美味しいと評判なんだそう。レシピ本にはこちらの作り方も載っていたのでそのうち作ってみたいです。

レシピ本はこちら。Kindle Unlimited会員は無料で読めます。

ソーシャル
by
関連記事