イケアのプラントベース商品5点を試してみた

こんにちは。えだママです。

イケアのプラントベース食品のうち5点を試してみました!

近年じわじわと広がりつつあるプラントベースですが、まだまだ市販されている加工食品はそんなに多くありません。そんな中1歩先を踏み出しているイケアのプラントベース食品。はてさて企業ではお肉の代わりに一体何を使っているのか?どのくらい「本物」に近いのか?一消費者としての率直な感想を書いてみました。

試したのは以下のラインナップです。

・ベジタブルホットドッグ
・プラントミンチ
・プラントボール
・ベジタブルボール
・プラントラーメン

ではいってみましょう!

ベジタブルホットドッグ

原材料:ケール、レンズ豆、キノア、玉ねぎ、植物性たんぱく(小麦を含む)、人参、トマトペースト、しょうが、植物油脂、食塩、ポテトフレーク、マッシュルームエキス、でん粉、オニオンパウダー、セロリ、ターメリック、キャラウェイ、レモン果汁、黒コショウ、フェンネル/増粘剤(メチルセルロース)、安定剤(カラギナン、加工でんぷん)

10本(460ℊ)入りで、栄養成分は100ℊ当たり熱量128㎉、たんぱく質8ℊ、脂質3ℊ、炭水化物16ℊ、食塩相当量1.7ℊ。購入価格は税込み459円。

オーブンで焼いて……

ピクルス、ではなく家にあったザワークラウトとともにホットドッグにのせて食べてみました。

食べた感想は、ウインナーだけあって塩がしっかり効いたしょっぱめのお味。なんだろう、ケールがたっぷり入っているのと香辛料のせいなのか、なんかお好み焼きとかたこ焼きを思い出させるような風味がします。最初はザワークラウトのせいかと思ったのですが、どうもそうではなかった。食感は魚肉ソーセージが近い気がします。お肉とは違うけれど、見た目もカラフルで楽しく野菜もたっぷり入っている感じがして、ちょっとしょっぱいのを除けば私はこれはこれでありかなと思いましたが、家族からはちと不評でした……。

プラントミンチ

原材料:エンドウ豆たんぱく、じゃがいも、フライドオニオン、植物油脂、たまねぎ加工品、じゃがいもフレーク、乾燥にんじん繊維、じゃがいもでん粉、マッシュルーム濃縮物粉末、食塩、トマト粉末、レモンジュース濃縮物、黒胡椒/増粘剤(メチルセルロース)、香料

750ℊ入りで、栄養成分は100ℊ当たり熱量171㎉、たんぱく質9ℊ、脂質9ℊ、炭水化物14ℊ、食塩相当量1.1ℊ。購入価格は税込み600円。

使いたい分だけ出して常温で1時間ほど解凍。

ピーマンの肉詰めを作りました。

これは家族から好評で、子どももいつもの肉詰めと何ら変わらずぱくぱく、夫もあまりの肉らしさに驚いていました。見た目が茶色でお肉っぽいのもよかったのかな?夫はその後、本物のお肉さえも疑うようになってました(笑)

ちなみにミンチを手で触ってみると、里芋のようなねばっとしたようなべとっとしたような触感。最初はこれ油……?と思ったのですが、手を洗うと水だけでするするとべたつきなくさっぱり。それから感心したのがこれは卵入れたりなんだリしなくてもこれだけでまとまるようになっていたこと。普通のひき肉より簡単でした。時短にも冷凍庫にあると便利かも。

プラントボール

原材料:えんどう豆蛋白、植物油、ジャガイモ、えんどう豆澱粉、タマネギ、エンバクふすま、米粉、キノコ濃縮物、乾燥リンゴ(リンゴを含む)、ぶどう糖、食塩、トマト粉末、ブラックペッパー、オールスパイス、マルトデキストリン/メチルセルロース、香料、乳化剤、安定剤(アラビアゴム)、pH調整剤

500ℊ入りで、100ℊ当たり258㎉、たんぱく質11ℊ、脂質17ℊ、炭水化物15ℊ、食塩相当量1.4ℊ。購入価格は999円(めっちゃ高!)

レンジ、オーブン、フライパン調理いずれもOKとのことで、レンジで温めました。

見た目、普通のミートボールです。

味もやはりたこ焼きやお好み焼きのような風味がしますが(ほんとにこれは一体なんなんだろう)、食感など本当に普通のミートボールのようでした。美味しかったです。値段は高いですが、個人的にはこれが1番万人受けするような気がします。

ベジタブルボール

原材料:野菜(ひよこ豆、人参、エンドウ豆、赤ピーマン、とうもろこし、ケール、玉ねぎ)、植物油脂、エンドウ豆たんぱく、エンドウ豆でん粉、食塩、砂糖、酵母エキス、香辛料、玉ねぎパウダー、乾燥にんじん、パセリ/増粘剤(メチルセルロース)

500ℊ入りで、100ℊ当たり179㎉、たんぱく質8ℊ、脂質9ℊ、炭水化物18ℊ、食塩相当量1.6ℊ。購入価格は税込み699円。

パッケージはプラントボールとよく似ていますが、こちらは野菜感たっぷりのカラフルな見た目。

こちらはカレー風味(やはりちょっとお好み焼き風味ありますが)で、食感はおからが近いように思いました。美味しかったです。インド料理の付け合わせなんかにもよさそうだと思いました。

プラントラーメン

原材料:めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維)、かやく(キャベツ、コーン、ねぎ)、スープ(食塩、オニオンパウダー、酵母エキス、デキストリン、野菜エキス、しょうゆ、香辛料、植物油脂)/加工でん粉、かんすい、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素(一部に小麦、大豆を含む)

栄養成分は1食当たり熱量153㎉、たんぱく質4.0ℊ、脂質0.6ℊ、炭水化物33.0ℊ、食塩相当量2.8ℊ(めん・かやく0.6ℊ・スープ2.2ℊ)。購入価格は税込み299円。

パックを開けるとこんな感じで、かやくとスープの粉末が別袋に入っていました。お湯を注いで

できました。

これは私だけ食べたのですが、油っこくないし罪悪感なく食べられるのがいい(笑)!塩分も普通のカップ麺よりは約半分くらい少ないです。麺も素麺みたいで好みでした。予想の斜め上を行く感じでしたが、これはこれであり。まぁ夫は「これはラーメンじゃない」とか言いそうだけど……。ラーメンというよりこの商品自体を楽しむと捉えた方がいいのかも。特に脂質を極控えめにしているところに勝手に企業努力を感じました。カレー風味もあったので、また行く機会があれば試してみたいです。

まとめ

今回試してみて1番強く感じたのは、「これはこれでありなんだな」ということです。私だけかもしれませんが、プラントベース料理ってまだまだ未知の世界で、新しい料理や味が生み出される可能性を持っていると思います。そんな中イケアでは今あるものに「似せる」ことと新しい料理を生み出すことによって「プラントベース自体を楽しむ」ことの両方のバランスをとっているように思いました。

嬉しいのはリーズナブルな価格のものが多いこと。また、自分でこれだけいろいろな野菜や豆などの食材を組み合わせてミートボールを作るのは大変なので、その意味でもお得なのではと思いました。個人的にはもう少し添加物が少ないとより嬉しいなと思いますが、プラントベース寄りの生活をするにあたり、たまに食べる分には冷凍庫に常備しておくと便利だなと思います。

プラントベースと聞くとちょっと敷居が高い感じがしますが、気軽に利用でき、求めやすい価格で購入でき、なおかつお洒落でポジティブなイメージを持たせることができるのはさすがイケアならでは。今後の新商品も期待したいと思います!

ソーシャル
by
関連記事

    関連記事はありません