ノンオイルが嬉しい。おさるのジョージからのアメリカのかぼちゃバター

こんにちは。えだママです。

先日子どもと一緒に「おさるのジョージ」のアニメを見ていたら「かぼちゃバター」という美味しそうな食べ物が出てきたので作ってみました!

「バター」とついてますがノンオイル。油分を使わないかわりに、りんごジュース、黒糖、メープルシロップを使い甘みと同時にコクをつけます。

これがねー、とっても美味しくてビスケットなんかに塗ると止まらなくなります(笑)個人的にはわざわざりんごジュースを買ってでも作りたくなるくらい気に入りました。

夫は「バターというよりジャムみたいだね」と言っていましたが、個人的にはかぼちゃのねっとりぽってりした食感にりんごのフルーティーさが加わった、バターとジャムのいいとこどりのスプレッドのよう。

本家アメリカでは缶詰のかぼちゃを使うのが一般的ですが、日本にはなかなかないので生のかぼちゃを使いました。また、スパイスにはパンプキンパイ用のシナモン、ジンジャー、ナツメグ、クローブ、オールスパイスの5種類がミックスされたものが使われますが、今回は家にあるシナモンとナツメグのみを使いました。

下の分量はあくまで目安です。かぼちゃやりんごジュースの甘さによっても味は変わってくると思いますので、味見をしながらお好みの味に仕立ててください。これは多分分量が多少適当でも美味しく仕上がるタイプの料理ではないかなと思います。注意点は美味しすぎるので味見しすぎてなくならないように!(笑)

材料
・かぼちゃ・・・4分の1切れ(約200ℊ)
・りんごジュース・・・1カップ
・黒糖・・・大さじ2
・メープルシロップ・・・小さじ2
・シナモンパウダー・・・4振り
・ナツメグパウダー・・・1振り
・レモン汁・・・小さじ1

作り方
1.かぼちゃは皮をむきひと口大に切ります(ちなみにとても詳しく書くと我が家ではかぼちゃ200ℊの皮をむいて170ℊでした)

2.鍋にレモン汁以外の材料をすべて入れます

3.火にかけ、沸騰してきたら弱火にし、かぼちゃが柔らかくなるまで煮ます

4.10~15分くらいしてかぼちゃが柔らかくなりやや煮詰まってきたらいったん火を止め、かぼちゃをマッシャーでつぶします

5.再度弱火にかけ、最後にレモン汁を加えて全体をしっかり混ぜ合わせたら火を止めます

トーストやパンケーキ、ビスケットにオートミールなどいろいろなものにつけてお楽しみください^^ それにしても今回りんごジュースを使ってみてなるほどアメリカでお菓子作りにアップルソースが多用される理由がわかりました(笑)

ソーシャル
by
関連記事