れんこんの香ばしさにきっと驚くれんこんスコーン

こんにちは。今日はれんこんのスコーンのレシピをご紹介します。

そもそもスコーンを含めれんこん入りのお菓子やパンってなかなかありませんよね。「れんこんのお菓子どうですか?」なんて言っても大抵の人は「え~?れんこんのお菓子?あまりそそられないなぁ」という反応だと思います。いやですね、これがですね、実際に作ってみるととっても美味しいんですよ~!

そもそもこのレシピができた経緯についてちょっと説明させてくださいませ。事の始まりは水の代わりにれんこんのすりおろしを加えたパンを焼いてみたところからです。材料は強力粉、砂糖、塩、ドライイースト、れんこんだけのとってもシンプルなパン。これが食べてみるとれんこんの甘みと香ばしさがとっても美味しい!また食べたい、クセになるような美味しさで、家族みんなで「え!れんこんってこんなに甘くて香ばしいの?」と驚きました。

ただ、味は感動ものだったものの、食感は材料がシンプルな分硬くて小さな子どもには食べにくいものでした。それにパンを焼くのって時間もかかるしちょっと大変です。材料はできるだけシンプルなまま、もっと簡単に、子どもでも食べやすいものができないかしら?と思い試行錯誤して、このレシピが出来上がりました。

材料も分量もとっても少ないですがそれがこのレシピのミソ。食べてみるとれんこんのしっかりとした味と風味にきっと驚くと思います。素朴だけれど噛めば噛むほど味わいが増すれんこんスコーン、ぜひお試しください^^

材料(6㎝の丸型6個分)
・れんこん・・・100ℊ+薄切り6枚(トッピング用)
・薄力粉・・・120ℊ
・強力粉・・・30ℊ
・砂糖・・・小さじ1と2分の1
・塩・・・小さじ4分の1
・ドライイースト・・・小さじ2分の1
・ベーキングパウダー・・・小さじ1
・なたね油・・・10ℊ
(・水)

作り方
1.れんこんは5分ほど水にさらしアクを抜きます。

2.ボウルにれんこんと菜種油以外の材料を入れてざっと混ぜ、すりおろしたれんこんとなたね油を加えて5~10分ほど手でこねます。水分が足りないようなら水を少しずつ加えてください。

4.ひとつに丸め、生地が乾かないようにビニール袋などに入れ、30℃で50分発酵させます

5.生地を取り出してガス抜きし、6等分して成形します。トッピング用のれんこんはなくてもかまいませんが、れんこんをのせて焼くとその下の生地の表面部分に直接熱が当たらず柔らかいままなので、れんこんを外してあげれば小さい子も食べやすくなります。

セルクルがあれば便利です。これは100円ショップで買いました。

6.180℃に余熱したオーブンで15分焼きます。

中はこうなってます。れんこんたっぷりです。

我が家では1歳1か月の下の子には小さくちぎってからあげましたがしっかりと食べてくれました^^まだまだ硬いものが苦手な4歳の上の子も「れんこん美味しい♪」とパクパク食べてくれます。れんこんといえば筑前煮に入っている味が染みておらず硬い食べ物だなんて思っている方にはぜひ試してみてほしいです^^

追記:
バター入りのれんこんスコーンも作ってみました!こちらもおすすめです。れんこんが大好きになります。さくふわれんこんスコーン

ソーシャル
by
関連記事