活力なべで蒸し大豆。からのパン・ウェイさんの酢大豆。

活力なべを使い始めて2年余りになりますが、最近になって初めて活力なべで蒸し豆ができることを知りました。

そこでふと思い出したのが、昔何かの雑誌で読んだパン・ウェイさんの酢大豆。

酢大豆は蒸した大豆を天日干しし、黒酢漬けする保存食です。

当時とても作ってみたくなったのですが、家にちょうどいい蒸し器もなく、あったとしても1時間以上も蒸すのも大変そうで、結局作らずじまいでした。

でもものすごく惹かれ、その存在だけはしっかりと記憶に残っていました。

しかし活力なべと専用ザルがある今なら躊躇なくできる!

ということで、早速酢大豆に挑戦してみることにしました!

パンさんの正確なレシピはネットでも紹介されています。私はこちらの記事を参考に作りました。

作り方

1.乾燥大豆150gは5~8時間ほどたっぷりの水に浸します。

メモ
・ゼロ活力なべMを使う場合、1度に入れることのできる豆の量は150gくらいまで。
・乾燥大豆は長時間浸しすぎるとかえって硬くなるので浸す時間は5時間くらいでいいらしいです(購入した大豆の袋裏に書いてありました)。

2.活力なべに1カップの水を入れ、大豆を蒸しザルに入れてセットします。

3.蓋をして赤のおもりをつけて火にかけます。おもりが大きく揺れたらすぐに火を止め、弁が下がったらすぐに蓋を開けます。

メモ
・普段食べるときは30秒くらい加圧して、弁が下がってからもしばらく置いて、豆が潰れるくらいやわらかくするのが好きですが、今回は保存食なので形を保つようにしました。

4.天日干しをします。

メモ
・今回は蒸しザルの下にお皿を置いて干しましたが、こういう大きめの水切りバットなどがあると便利かも。



約3時間後。

日に焼けたようになりました(´ω`*)

5.清潔な保存瓶に大豆を入れ、大豆がすべて浸るまで黒酢と少量の黒砂糖を加えます。

2日したら食べられますが、3週間くらいしてから食べると味が染み込んで美味しいそうです。また3か月以内に使い切るのがいいそうです。日持ちもするし、大豆は食べ応えがあるので、お弁当の隙間埋めや副菜の一品に非常に重宝しそうです!食べるのがものすごく楽しみです~♪ 

2019.12追記:あまりにも美味しくてこの2,3か月だけで3回作りました。また、金時豆を加えたり、黒豆で作ってみたりしましたが、金時豆は個人的には正直ちょっとイマイチ。普通に甘煮にしたり、煮込みスープなどにする方が美味しいです。黒豆は独特の甘みが引き立ち、いつもとはちょっと違う味が味わえて美味しかったです。また、スライスした玉ねぎとお好みで少量の塩を加えると、具だくさんのヘルシードレッシングにもなりますよ。


ソーシャル
by
関連記事