産後1年半後の血糖値・健康診断の結果

こんにちは。えだママです。

出産から約1年半後、ちょうど健康診断があったので受けてきました。

私は妊娠中、大体の人は出産後血糖値は正常値に戻るとはいうけれど本当かなとずっと不安に思っていて、先に出産された他の方のブログなど探しまくっていた時期がありました。でもなかなか見つけられなかったので、私と同じように感じている方もいらっしゃるかなと思い、自分の健康診断の結果を書いてみることにしました。(私の場合の話です。下に自分の思ったことなども書いていますが、私は医療従事者でも専門家でもありませんので、一個人の体験談として話半分に読んでいただければと思います)

結果は、
空腹時血糖:70㎎/㎗
HbA1c:5.3%
でした。

HbA1cは、妊娠初期で5.4%、その後2ヶ月に1回くらいのペースで計っていましたが、1番低かったときで5.2%、産前最後に計ったときはなんと5.7%にまで上昇していました。そこからずっと計っていなかったので結構不安だったのですが、正常値に戻っていました。

一応基準範囲内であるとはいえ、基準値が5.5%以下であることを考えると油断はできない数値。産後は糖尿病になりやすくなるというし、妊娠中、少しでも気を緩めると血糖値はあっという間に上昇するというのを身をもって経験しました。特に今はまだ授乳中で、これが貢献してくれているのかなと思います。なので卒乳あるいは断乳してからがちょっと怖い。

ちなみにその他の検査項目の一部。
身長:162.3㎝
体重:39.5㎏
BMI:15.0
血圧:最高75/最低50

やせすぎで結果はC判定。妊娠初期は約50㎏、出産時は53~54㎏くらいでした。当ブログに「糖質制限と母乳の出」という割とコンスタントに読まれている記事があるのですが、糖質制限なんぞしなくても痩せ(むしろ瘦せ細り)、血糖値も下がっていました。自分の経験からいっても糖質制限は本当におすすめしません。

低体重に伴いBMIも低いのですが、BMIの数値は22~23が最も病気になりにくく、そこから上回れば上回るほど、また下回れば下回るほど死亡リスクが高まるのだそうです。私の場合、なんとBMIが40くらいの人と同じくらい病気や死亡のリスクが高いということになるようです。肥満じゃなければいいって単純な話でもないのね、ガーン。私の場合57~58㎏が適正体重なのであと17㎏くらい増やす必要あり。多分授乳をやめたら5~10㎏くらいは勝手に戻りそうな気はします(それもそれでちょっと残念ではあるけれど笑)。

でもただ体重を増やせばいいってもんじゃないのが難しいところ。私は妊活でたんぱく質摂らなきゃ!とお肉をよく食べ(鉄分補給のためレバーも2週間に1回くらい食べていました。妊娠中食べ過ぎたと不安になってお医者さんに相談したところサプリや生肉でなければ大丈夫とのお言葉をいただきましたが、それにしても食べ過ぎ。本当にあの頃の私バカ)、体重が3㎏くらい一気に増え、ちょうどその頃妊娠糖尿病と診断されてしまったので、そこにどれだけの関連性があるのかはわかりませんが、急激な体重増加は糖尿病になるリスクが高まる気がして絶対に避けたい。

体重を増やしつつ糖尿病になるリスクを下げる唯一の手段・・・それは筋肉をつけること!!もうこれ一択しかない!!私は子どもの頃から握力測定も低くて本当に筋力がありませんでした。中学は文化部、高校は帰宅部で運動習慣も全然なし。多分それも今回妊娠糖尿病になった原因のひとつだと思います。なので将来糖尿病にならないためには食事はもちろん運動すること!筋力をつけること!それが自分にとっての最重要項目だと思っています。

血圧はもともと低いですが、こんなに低かったことはなかったのではないかなと思います。測定時に75という数値を見て最低の方かと思ってめちゃ上がった!と一瞬驚いたくらい。血圧が低すぎるのも逆に不安ですが、血圧が低いのにも有酸素運動が有効だと本で読んだのでやはり運動頑張っていくしかないですね。

その他の項目で引っかかったのは貧血。赤血球数が358万/㎕(基準値360~万/㎕)、ヘモグロビンが11.3ℊ/㎗(基準値12.1ℊ/㎗~)で基準値をやや下回っていました。それまでは全然気づいてはいませんでしたが、この結果を受けて自分でもちょっと納得するところがありました。その点でも健康診断受けてよかったです。

ちなみに出産後から健康診断までに健康づくりにやっていたことも書いておきます。
まずプラスに働いたかなと思う点
・野菜を毎日350ℊ食べている点。正確には家族3人で1.05㎏。始めて9か月目での健康診断でした。
・週1で約6㎞走っている点。産後半年から走り始めたので1年になります。健康診断後からになりますが毎朝ピラティスも始めました。また普段の生活でもこまめに動くようにしています。
・授乳中である点。授乳は耐糖能を回復させるのにいいということで続けていますがいつまで続けられるやら。月齢が上がるにつれておっぱいが痛くなり、最近は授乳が終わる度にラノリンクリームを塗っています。傷がひどい時は幹部にラノリンクリームを塗った後傷の直りが早い絆創膏を貼り、さらにその上に防水用の絆創膏を貼って難をしのぎました。我ながら涙ぐましい努力よ……。
・主食は基本的に玄米を食べていた点。健康診断後は玄米に押し麦を混ぜて炊いています。が、玄米は鉄分の吸収を阻害する働きもあるので貧血の面からいえばあまりいいとはいえないのかもしれません。

これはあまりよくなかったかもと思う点
・お菓子作りに凝ってしょっちゅうお菓子を作っていた点。ただ特にプラントベースのレシピを開発するのは楽しいので完全にはやめたくないんですよね。これからはもう少し頻度を下げて、よりヘルシーなものを作っていこうと思います。あとご飯ものももう少し取り入れていくなどしたいです。
・睡眠不足な点。授乳中なのでいまだに子どもが夜中に起きてしまうことはしょっちゅう。子どもは授乳したらすぐ寝ちゃうのですが、私はそのまま眠れなくなることも多く、これは今でも結構悩ましいところではあります。

あと食事はプラントベース寄りを心がけてはいたものの、肉や魚も割と食べていました。どちらかというと動物性というよりも脂質を控えめにした食事を心がけていました。その他いろいろあるのですが、それはまた追い追い書いていこうと思います。というわけで、以上、産後1年半後のとある元妊娠糖尿病者の健康診断の結果でした!

ソーシャル
by
関連記事