山口のお土産「利休饅頭」を食べくらべ

山口県といえば外郎が有名ですが、他にもいろいろな土産菓子があります。中でも利休饅頭は、ひと口サイズのとても小さくてかわいらしいおまんじゅうでコスパも抜群!大勢の人に配ったり、ちょっとした手土産にぴったりです。実はこの利休饅頭、3つのメーカーが製造しています。今回はその

1.風月堂の利休饅頭
2.吹上堂の利休さん
3.小川蜜カス本舗の利休まんじゅう

の3つの利休饅頭の特徴をご紹介します。
3種類ともすべて白色の包装紙は小豆あん、透明の包装紙は白あんです。

1.風月堂の利休饅頭

原材料 上白餡、上赤餡、砂糖、黒糖液、蜂蜜、水飴、小麦粉、着色料(カラメル)、膨張剤
個数 12個(小豆あん6個、白あん6個)
賞味期限 約17日
購入価格 324円(税込)(税抜きで1個当たり25円)

第19回全国菓子大博覧会褒賞を受賞しており評価もお墨付き。きちんと感があり目上の方へのちょっとしたお土産にもぴったりです。

2.吹上堂の利休さん

原材料 砂糖、小豆(北海道産)、白いんげん豆、小麦粉、水飴、米粉(山口県宇部市産)、蜂蜜、コーンスターチ、膨張剤
個数 10個(小豆あん5個、白あん5個)
賞味期限 約8日
購入価格 330円(税込)(税抜きで1個当たり約30円)

産地にもこだわって作られています。食べてみると1番あんこがねっとりとしていました。ぽてっとしたあんこ好きの方におすすめです!

3.小川蜜カス本舗の利休まんじゅう

原材料 砂糖、大手亡豆、小豆、小麦粉(山口県産)、和三糖蜜、黒砂糖、水飴、糖類混合物(還元水飴、麦芽糖、㏗調整剤)、重曹、グリシン、保存料(しらこたん白)
個数 10個(小豆あん4個、白あん6個)
賞味期限 約25日
購入価格 270円(税込)(税抜きで1個当たり25円)

日持ちがするのですぐにお土産を渡さない場合などいいですね。かさばらない包装で持ち運びもしやすいです。

まとめ

以前利休まんじゅうを買ったときに一番最初に目に入ったものにしたのですが、後で他のメーカーのを見かけ、「え?利休まんじゅうって1つじゃなくていろいろなメーカーが作ってるんだ」と知り、どれだけ種類があるのか、また違いは何なのか気になっていました。今回それがわかってすっきりしました。

ソーシャル
by
関連記事

    関連記事はありません