オールパンにプラスして使いたいおすすめ道具5つ

オールパン愛用者のえだママです。

今回はオールパンを使うときにあると便利な道具5つをご紹介します。

1.ステンレススチーマー
2.シリコンヘラ
3.シリコンスプーン
4.シリコントング
5.木皿

1.ステンレススチーマー

ステンレススチーマー

オールパン専用の蒸し器で、

オールパンにセット

こんな感じでぴったりとオールパンにはまります。

直径が26㎝あるので1度にたくさん蒸せます!さらに収納に場所をとらない点、蒸したいときにさっと蒸せる点もポイント高いです。

これまでは蒸し器って出すだけで手間だったのですが、今では手軽に肉まんや

肉まん

ふかし芋などの蒸し料理を楽しんでいます。

ふかし芋

さらに

とうもろこしと枝豆

とうもろこしと枝豆を同時に蒸すという暴挙?に出るまでになりましたw 5分蒸せばできあがり。蒸すと格別の美味しさです。

2.シリコンヘラ

シリコンヘラ

もともと木べらを使ってたのですが、使っていくうちにどうしてもささくれができてしまったりしてオールパンの表面を傷つけてしまわないか心配でした。

でもこのシリコンヘラにしてからはその心配がなくなりました。

柔らかいけれどもしっかりしており非常に使いやすいです。カレーのルーなども気持ちいいくらい余すことなくお皿に流せます。

また、しゃもじよりも柔らかいので、チャーハンを作るときには卵を直接炊飯器のお釜に割り入れてシリコンヘラでご飯と混ぜ、フライパン(オールパン)に加えたりしています。(なぜそんなことをするのかといえば先に卵とご飯を混ぜておくとパラパラのチャーハンになるそうなので)

普通のしゃもじだと混ぜ合わせるときにカンカン音がしますが、シリコンヘラだと柔らかいので音がしません。

3.シリコンスプーン

シリコンスプーン

シリコンスプーンでなくてもレードルでもいいのですが、我が家はキャンペーンでオールパンとセット購入した際ついてきたのがこのシリコンスプーンだったため、こちらを使用しています。

オールパンでカレーなど作ったときによそうのに便利です。先にこのシリコンスプーンであらかたすくい、残りをシリコンヘラでお皿に流し入れると表面を傷つける心配もなく無駄がありません。

4.シリコントング

シリコントング

パスタなど麺類やお魚やお肉を焼くときにあると便利なのがシリコントングです。もともとは市販のトングを使っていたのですが、やっぱり硬いので表面が傷ついてしまうんですよね。なので思い切って購入しました。

でも前使っていたトングをくらべてみると厚みや柔らかさに歴然の差!結構前から悩んだすえの購入だったのですが、もっと早くに購入すればよかったと思いました。

トング比較

5.木皿

木皿

こちらはオールパン用に売られているものではなくて市販品です。お好み焼きなどひっくり返すときや餃子を焼いたときに便利です。木皿は軽いのでおすすめです。
ただし木なので火には気を付けてください。

ただ、我が家で使っているのはジャストサイズなので

木皿をオールパンにかぶせる

もう少し大きめでもよかったかなと思います。

以上、オールパンにプラスして使うと便利な道具5つでした。中でもシリコンツールはオールパンだけでなく他のフライパンにもおすすめです。

ソーシャル
by
関連記事