歯磨き、下の子誕生、幼稚園入園。。。我が家の「困った」を助けてくれた絵本

子どもが3歳の今、我が家の「困った」を助けてくれている絵本を紹介します!

子どもが歯磨きするようになった絵本

我が子は歯磨きが大嫌いで毎回毎回手を焼いていたのですが、この絵本を1度読みきかせただけで子どもが歯磨きしてくれるようになりました。まさに奇跡の絵本です!!


お話も面白いのですが、なんといってもおかべりかさんの絵がすごいです!!まあちゃんという主人公が虫歯になったときの顔は本当に痛そうでたまりません!!

2回目にこの絵本を読み始めたら「違うのにする!」と断固拒否。しかし歯磨きはおとなしくさせてくれるようになりました!!

本当に感謝の絵本ですm(__)m

下の子が生まれたときに助かった絵本

やはり下の子が生まれると大変なのが上の子のお世話。下の子にちょっかいを出したりわざとこちらを困らせることをしてきたり。そんなときに助けられたのがこちらの2冊です。



『あなたがだいすき』は鈴木まもるさんの優しい言葉と絵が本当に素敵な絵本。子どももいつも嬉しそうに幸せそうに聞いてくれます。私自身も読みながら癒され、キーキーしていた心も温かくなります。子どもが大きくなるにつれて「大好きだよ」という気持ちを言葉で伝えるのがおろそかになりがちですが、そんなときこの絵本を読むと「ちゃんと伝えなきゃなぁ」と思います。出産祝いにもおすすめの絵本です。

『あかちゃんがやってきた』は、角野栄子さんがお話を書かれている絵本。お母さんに赤ちゃんができたよ、と伝えられて生まれてきた赤ちゃんと出会うまでのお話です。出産して入院中に購入したのですが、もっと早くから読み聞かせておけばよかったです。

幼稚園の入園準備におすすめの絵本



新型コロナウイルスの影響で幼稚園は休園中の今ですが、幼稚園ってこんなところだよ~ということを絵本で事前学習(?)させています。『えらいこっちゃのようちえん』は幼稚園初日、次々といろいろ大変な(でもまさしく実際に起こりそうな!)出来事が出てくるお話です。正直私は「幼稚園楽しみに思ってくれないかも……」とちょっと思ったのですが、子どもは結構楽しく聞いているし、いろいろ思うところがあるようで、あってよかった絵本です。

以上、我が家の「困った」を助けてくれている絵本の紹介でした!作者様、本当に素敵な絵本をかいてくださってありがとうございます!!

ソーシャル
by
関連記事