テレビの時間が減った!買ってよかった「くもんのうた200えほんとCD」

『くもんのうた200えほん&CD』を購入しました。ちょっと高かったのですが、本当に買ってよかった内容でした!これ1つでたくさんの歌が楽しめるというだけでなく、タイトルにも書いたようにテレビの時間も減るなどのメリットもありました。以下

・内容
・特徴と長所
・短所
・買ってよかったこと

について書いていきたいと思います!

「くもんのうた200えほん&CD」の内容

・本・・・1冊
・CD・・・3枚組1セット×2の計6枚

・バッグ・・・1つ(セットで購入するとついています)

サイズはえほんとCDが入るくらいです。

ケースに入っていました。

ちなみにビニール袋に佐藤ママの推薦文も貼ってありました。

佐藤ママはお子さんが3歳になるまでに1万回童謡を聴かせたそうです。

「くもんのうた200えほん&CD」の特長

『くもんのうた200えほん&CD』は200もの曲が収録・掲載されています。東大生の中には小さい頃公文に通っていた人が多いなんて話も聞きますが、もともと公文には「うた200、読みきかせ1万、かしこいこ」という幼児教育のスローガンがあります。

つまりこの『くもんのうた200えほん&CD』は、スローガン通り、「かしこいこ」に1歩近づくための200曲が網羅できる内容となっています。

普通売られているものって曲数が少ないんですよね。かといっていくつも買うと必ずかぶる曲が出てきますし。その点童謡はこの1つあればOK

しかしただ200曲あればいいというものではありませんよね。その点『くもんのうた200えほん&CD』は非常によく考えられた作りになっています。

1.バランスがよい

好きな歌手ならともかく、たとえば200曲ずっと同じ人が歌っていると好みが分かれて人によっては購入を後悔してしまうこともありそうです。でもくもんでは歌い手さんのバリエーションが幅広い!子どもから大人までいろいろな方が歌っています。また『およげたいやきくん』や『カレーライスのうた』などおそらく原曲のままの歌もいくつかあります!

選曲も、「ぞうさん」から幼稚園の卒園式には欠かせない「おもいでのアルバム」まで幅広く、赤ちゃんから年長さんまで楽しめる内容となっています。手遊び歌やわらべ歌なども充実しています。手遊び歌は遊び方も載っています

歌だけではありません。えほんの挿絵もすごいです!1曲1曲に描かれていますが、それぞれタッチが違います。調べてみると総勢23名もの方が描いていました。豪華すぎます……!いろいろな絵があるので見てて楽しいです。

2.使いやすい

えほんとCDが同じ順番で掲載・収録されているのでとても使いやすいです。また、上に写真載せてますが、CDとCDケースの両方に歌の題名が書いてあるのですごく探しやすいです。長く使うことを考えてくれているのがわかります。

さらに、本の紙も厚くてしっかりしています!子どもがいると紙がペラペラなのってちょっと不安になりますがこれなら安心です♪それでいて開きやすいです。

3.子どもの記録も残せる

1曲1曲に書き込める欄や、1か月に1度記入するノート、初めて歌った歌を塗りつぶして200個のりんごの木を完成させるポスターがついていたりと書き込めるところがたくさんあります。

短所

ここまで素晴らしい内容ならば、短所はないの?というところですが、正直短所らしい短所は見当たりません。

が、強いて言うならば、

・高い
・自分が知っている歌詞と違ったりする
・CDケースが出し入れしにくい

ことでしょうか。

しかし、確かに高めですがこれだけ工夫が詰まっていれば高いのは当然だろうなという気はしますし、ずっと使えるので損はしないと思います。むしろこんな素晴らしいものを作ってくれてありがとう公文さんという感じです!!また歌詞が違うのはくもんに限ったことではなくしょうがないレベルの話かなと思います。

不器用なためCDケースが出し入れしにくいのに最初困りましたが、使っていくうちにCDを出し入れするときにケースの取り出し口部分を下親指、上中指と薬指を使って少し丸く空間を作るとやりやすいことが判明しました。

買ってよかった点

無理なく子どもの語彙力が増えた

たとえば「ポケット」という単語。

「ふしぎなポケット」を聴くと自分から興味をもって「ポケット」という単語を覚えたりしてました。小さなことですが、子どもの成長ってこういう日々の小さなことの積み重ねでできていくものだと思うのであってよかったなと思いました。

また、200もの歌があるので何かしら話しかける糸口が見つかったり、子どもが歌い始めてそれに合わせて一緒に歌ったりできるので自分としても前よりコミュニケーションしやすくなったかなと思います。

テレビの時間が減った

夕食の準備をしていると「かまって~」と来ることありますよね。できる限りかまうようにはしてますが、毎回は難しかったりします。そんなときはテレビを見せたりしてたのですが、「離れて見て」と言っても気が付くとテレビの目の前にいたりして、ちょっと心配でした。

でもCDを買ってからはテレビを見せるよりCDをかけることが多くなりました。子どもも音楽がかかっていると安心なのか、割と一人遊びに没頭してくれます。

2019.8追記:今ではほとんどテレビを見なくなりました。

子どもの興味あることや成長がわかる

たくさんの歌を聴いていると、子どもが興味のある単語や歌が自然とわかってきます。また、前は言えなかった単語が言えるようになっていたり、歌えなかった歌が歌えるようになっているなど、歌を聴いているだけでもその都度成長を感じることができます。

ちなみに「かたたたき」という歌が収録されていますが、この歌が流れると肩たたきをしてくれるようになりましたw 「かたたたき~」と手を伸ばして近づいてくる姿がとてもかわゆい……♡ いつまでやってくれるのかはわかりませんが、今しかない時間を大切にしようと思えます。

2019.12追記:使い始めて約1年が経とうとしていますが、同じ歌でも急に反応が変わったりするなど成長がおもしろいほどわかります。同じことを繰り返す中でその都度子どもの成長がわかるというのはなかなかないと思うので、本当にあってよかったと思います。すぐに気軽に聴かせられるのもいい点です^^

まとめ

子どもと一緒に長く楽しめる童謡を探している方には『くもんのうた200えほんとCD』絶対おすすめです。童謡はこの1セットあれば十分です。

CDのみ、えほんのみの購入もできますが、個人的にはセットで買うのがおすすめです^^

公文はシールブックもおすすめです。シールブックを使って子育てノートを作りました。

公文のシールブックを使って子育てノートを作ってみました

 

ソーシャル
by
関連記事