卵・油・乳製品・砂糖不使用のプラントベースなりんごブラウニー

こんにちは。えだママです。

ヌガー風キャロットケーキを応用してブラウニーを作ったら美味しくできたのでレシピアップです。今回はりんごをたっぷり丸々1個入れてみました。

なぜりんごかといえば、その昔、アニバーサリーという洋菓子屋さんのりんごのシロップ漬けをチョコで包んだようなチョコレート菓子を食べたことがあるのですが、どうしてりんごとチョコレートの組み合わせってあまり流通していないんだろうって疑問に思ってしまうくらい、これがとても美味しかったのです。今からもう10年以上前のことなのだけど、あのときの衝撃と感動は今でも記憶に焼き付いているんだなぁ(*´ω`*)

今回のブラウニーは水分に水は使わずりんごとメープルシロップのみ。りんごの酵母ってよく聞くので、この力で砂糖なしでもいけるんじゃないかな?と思ってお砂糖は加えずに作ってみました。驚いたのが焼き上がりのふっくら感。これだけふっくらするとは思わなかった!食感としては軽めで、個人的にはちょっとカヌレを思い出してしまうところがあります。ちなみに試作の段階でりんご230ℊをりんご130ℊと水80㎖に置き換えて作ることもしてみたのですが、りんごの味わいは減る分カカオの味がより強いほろ苦い大人の味わいに。こちらもこちらで美味しかったです。

アメリカではお菓子作りにアップルソースを使うのだそうで、最初はそうした方がいいのかなと思ったのですが、日本にはそんなものない!し、アップルソースから作るのは大変なので(ズボラですみません。。。)生のまますりおろしてみました。ですがこれで大成功^^にんじんとは違いりんごはすりおろしやすいので2の段階でそのまますりおろし入れてます(ますますズボラ)。

りんごのみずみずしくフルーティな甘さが口の中に広がり、コク深いココアとのハーモニーが楽しめる秋のブラウニー、いかがでしょうか。

材料(15㎝スクエア型1個分)
・全粒粉・・・60ℊ
・薄力粉・・・30ℊ
・ココアパウダー・・・20ℊ
・ドライイースト・・・小さじ2分の1
・塩・・・小さじ4分の1
・シナモンパウダー・・・3~4振り
・りんご・・・すりおろす分230ℊ(約1個)+お好みで角切り30ℊ程度(約8分の1個)
・メープルシロップ・・・40ℊ(約大さじ2)と照り出し用に小さじ2
・くるみ・・・30ℊ

下準備
・くるみは軽くローストして粗く刻みます(私は160℃に余熱したオーブンで5分くらい焼いてます)

作り方
1,ボウルに粉類(全粒粉、薄力粉、ココアパウダー、ドライイースト、塩、シナモンパウダー)を入れてゴムベラで混ぜます

2.りんごをすりおろし入れ、メープルシロップも加えて混ぜます

3.くるみとお好みで角切り(お好みですが、ここでは5~7mm角程度。1㎝よりやや小さめくらい)したりんごを加えて混ぜます

4.生地を乾燥させないようにして、30℃くらいの温かい場所で50~60分ほど発酵させます(私は大きめのビニール袋にボウルごと入れて口を縛ってます)終了間際にオーブンを160℃に余熱して、型にクッキングペーパーをしいておきましょう

5.ゴムベラで軽くかき混ぜて、型の中に流し入れます

6.160℃に余熱したオーブンで30分焼きます

7.熱いうちに表面にメープルシロップを塗り、粗熱が取れたら型から出して冷まします。出来立てより少し時間を置いた方が味がなじんで美味しくなります

ソーシャル
by
関連記事