ほんのり甘い生地に春菊がアクセント。春菊とごまのほわほわ豆乳花巻

こんにちは。えだママです。

春菊と春菊と相性のいいごまを練り込んだ花巻を作りました。薄力粉でできたふんわり柔らかな生地に、豆乳とお砂糖を加えた優しい甘さの花巻です。

お好みで薄力粉150ℊのうち50ℊを強力粉にするともちっとした食感になります。また、お砂糖は大さじ2入れるのをおすすめしますが、できるだけ控えめにしたい方は大さじ1でも。その場合甘みが減る分春菊の風味が出ますが、同時に少し苦みも感じやすくなります。春菊がお好きな方はこちらの方がより春菊の風味が強く出るのでいいかもしれません。また、ごまあん(こしあん100ℊに黒すりごま大さじ1を入れて混ぜる)を塗って巻いたり、あんまんのように丸く包むのもおすすめ。ちなみに夫は甘めよりしょっぱい方がいいようで、味噌やからしをつけて食べたいって言ってました(笑)確かにからしも合いそう。

油控えめで固くなりやすいので、ぜひ蒸したてをお召し上がりくださいませ^^

材料(6個分)
・薄力粉・・・150ℊ
・砂糖・・・大さじ2
・ドライイースト・・・小さじ2分の1
・ベーキングパウダー・・・小さじ2分の1
・豆乳・・・75ℊ
・植物油・・・小さじ2分の1
・春菊の葉先・・・10ℊ(約1本分)
・白ごま・・・大さじ1

作り方
1.春菊は葉先部分を切り、さっと洗って冷水にとります。水気をしっかり絞り、包丁で細かく刻みます

2.ボウルに薄力粉、砂糖、ドライイースト、ベーキングパウダーを入れてざっと混ぜたら豆乳と植物油を加え、手でこねます

3.まとまってきたら、春菊と白ごまを加えます

4.生地を乾燥させないようにして、30~40分ほど発酵させます。

5.生地を台の上に出して長方形に平たくのばし、くるくると巻いていきます。スケッパーなどで6等分します

6.せいろに並べて蓋をし、30~40分ほど発酵させます。発酵終了間際になったら蒸し器の湯を沸かしておきましょう

7.蒸気の上がった蒸し器で10分ほど蒸します

ソーシャル
by
関連記事