とろふる食感♪タピオ寒天パンナコッタ(杏仁豆腐にも)

こんにちは。えだママです。

タピオ寒天ミルクプリンの配合を変えてとろふる~な食感のパンナコッタ(兼杏仁豆腐)を作りました。

固形分が多いと固まりにくいので、牛乳は、成分無調整のものにするとゆるく、成分調整、低脂肪、無脂肪乳のものにするともう少し固まりやすくなります。全量を牛乳にしてもOK。全量を成分無調整の牛乳にするとゆるゆるの杏仁豆腐風、水と脂肪分の少ない牛乳を半々にすると外はつるん、中はとろんとしたパンナコッタ風の仕上がりになります。決して「まるで本物!」なんて大仰なことは言いません。あくまでも「風」だとお考えください。それで運よく「あ、本物に近いかも♪」なんて思っていただけたら嬉しいです(せこい)

粉寒天は2ℊで袋入りされていることが多いので計りづらいですが、大体1㏄スプーン約2杯。小さじ3分の1よりやや多め~小さじ2分の1弱くらいです。

全然どうでもいい話ですが、私が初めて「パンナコッタ」という食べ物を知ったのは確か漫画『あさりちゃん』に登場したときでした。その当時はど田舎に住んでいたし、外食に連れて行ってもらうこともめったになかったので、パンナコッタって本当に未知の食べ物で、一体どんなものなんだろうと想像したものです。それが今ではコンビニやスーパーでプリンやゼリーと同じように買えるなんて……あの頃の自分には想像もつかなかった今日この頃です。

材料(3~4人分。プリンカップの場合4個分)
・水200㏄+牛乳200㏄(パンナコッタ風)または牛乳400㏄(杏仁豆腐風)
・砂糖・・・40ℊ
・タピオカ粉・・・10ℊ
・粉寒天・・・1ℊ

作り方
1.小鍋に砂糖、タピオカ粉、粉寒天を入れて一度全体をよく混ぜたら、さらに混ぜながら牛乳を少しずつ注いでなるべくよく溶かしておきます。水と牛乳を組み合わせて作る場合は最初に水を入れてよく溶かし、2で小鍋に火をかけてから牛乳を加えてください

2.小鍋を火にかけ、かき混ぜながら弱火~弱めの中火で熱します。小鍋の縁までもこもこ泡立ち、小鍋から吹きこぼれそうになったら火を止めます

3.プリンカップまたは大きめの器に注ぎます。濾すとより口当たりがなめらかになります

4.粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やします

パンナコッタ風

杏仁豆腐風。水と牛乳の量、牛乳の種類によって仕上がりの固さがだいぶ変わってきます。

ソーシャル
by
関連記事