作ってみたトルコ料理と個人的生キャベツの1番好きな食べ方

世界三大料理のひとつといわれるトルコ料理を作ってみました!

メニューは
・レンズ豆のスープ
・ほうれん草のサラダ
・長ねぎのオリーブ油煮
・チキンケバブ
です!

ケバブ以外の3品は荻野恭子さんの家庭で作れるトルコ料理からです。


トルコ料理といえばトマトやナスなど夏野菜を使うことが多く、日本では夏にしか作りづらいイメージがありますが、こちらの本には夏だけでなく冬でも楽しめるレシピもたくさん載っていて1年中楽しめます!

作った料理をひとつひとつご紹介します!

・レンズ豆のスープ

トルコでは豆スープやシチューなどの仕上げに、テルビアというドライミントをバター(ギー)やオリーブ油で炒めたものを加えて香りづけするのが特徴です。そして食べるときにレモンを絞ります。たったこれだけで普通の豆スープが一気にエキゾチックになりますよ。夫が気に入ってました。

・ほうれん草のサラダ

ほうれん草を炒めてトマトペーストなどで味つけし、上からヨーグルトソースをかけます。ヨーグルトのおかげか子どもがもりもり食べてました。

・長ねぎのオリーブ油煮

私はこれとても気に入りました!シンプルな材料でできとっても美味しいです^^食べ応えもあります。

・チキンケバブ

私、生キャベツはケバブと一緒に食べるのが1番好きで、1番美味しい食べ方だと思っています!その美味しさに目覚めたのはこちらのケバブミックス粉を使ってから!

ケバブミックス

このミックス粉に漬けて焼いた鶏肉に千切りキャベツを添えたら、本当にキャベツペロリです。ただ、このミックス粉はとっても辛いので子どもと一緒には食べられないのと、売ってあるお店がほとんどないので(我が家はイスラム横丁で購入)、自己流でこれに似せた漬け汁を作って作っています。

ミックス粉の原材料はというと

・コリアンダー
・パプリカ
・ジンジャー
・マスクメロン
・オニオン
・アジョワン
・ブラッククミン
・グリーンカルダモン
・ディルシード
・きび砂糖
・レッドチリ
・塩
・ガーリック
・コショウ
・ベイリーフ
・ブラックペッパー
・クミン

などが入っています。

このミックス粉に、細かく刻んだ揚げ玉ねぎ、おろしショウガ、おろしニンニク、プレーンヨーグルト、油を加えて混ぜ、お肉を漬けて1晩置いた後焼きます。

さすがにこんなにたくさんのスパイスは持っていないので、我が家ではコリアンダーパウダー、パプリカパウダー、クミンパウダー、ブラックペッパー、塩、おろしにんにく、おろし生姜、おろし玉ねぎ、塩、プレーンヨーグルトを適当に混ぜたものに鶏肉を漬けこんでいます。スパイスは小さじ半分~1くらい、塩は鶏肉2枚につき小さじ1くらいを入れています。お好みで粉唐辛子やトマトペーストを加えても美味しいです。私も本当は粉唐辛子を加えた~い!笑

この鶏肉を焼いたものにキャベツ千切りを添えます。キャベツはできるだけ細く千切りするのがコツです。適当なレシピですが、適当でも美味しいと思うのでぜひぜひ作ってみてください!我が家も毎回いろいろな割合でスパイスを調合したりしていますが、どんな味ができるかな~と想像しながら作るのも楽しいですよ。

以上、作ってみたトルコ料理のレポでした!

ソーシャル
by
関連記事