トルコのサラダ

トルコのサラダを作ってみました!

作ってみたのは
・羊飼いのサラダ
・ギャヴルダージサラダ
・ピヤズ2種
の4種類です。

羊飼いのサラダ Turkish Shepherd’s Salad

トルコの定番サラダです。中東で広く食べられていますが、トルコではフェタチーズやオリーブの実が入ったり、スマックというゆかりに似たスパイスが加えられます。作っていると夏が来たなと思う、夏野菜たっぷりのサラダです。

材料(3~4人分)

サラダ
きゅうり 2本
トマト 1個
ピーマン 1個
赤玉ねぎ(新玉ねぎでも) 2分の1個
イタリアンパセリ 適量
ドレッシング
オリーブ油 大さじ1と2分の1
レモン汁 大さじ1と2分の1
小さじ2分の1

作り方

1.きゅうり、トマト、ピーマン、赤玉ねぎはさいの目切りに、イタリアンパセリは細かく刻んでボウルに入れます。

2.ドレッシングの材料を加えます。冷蔵庫で冷やします。

3.器に盛りつけます。

ギャヴルダージサラダ Gavurdagi Salad


クルミをはじめとしてさまざまな食感が楽しいサラダです。名前はトロス山脈のギャヴル山に由来するそうです。今回はピーマンを伏見甘長唐辛子に代えて作りました。

トルコ特有の調味料であるスマックは見た目も味もゆかりにとてもよく似ています。ですがもっといえば、自家製のゆかりの方がより似ていると思います。ザクロシロップが無い場合はレモンやバルサミコ酢で代用するとよいそうです。

材料(2~3人分)

サラダ
トマト 中3個
玉ねぎ(赤玉ねぎでも) 4分の1個(赤玉ねぎは2分の1個)
クルミ 30~40g
イタリアンパセリ 1パック
キュウリ 1本
ピーマン 2個
ドレッシング
オリーブ油 大さじ1
ザクロソース 大さじ1
小さじ4分の1
黒こしょう お好み
スマック(ゆかりで代用可) 小さじ1
レッドペッパー お好み

作り方

1.サラダの材料をすべて細かく切りボウルに入れます。

2.ドレッシングの材料を加えて混ぜます。

3.器に盛りつけます。冷やすとより美味しいです。

ピヤズ Piyaz

キョフテ(肉団子)の付け合わせとして定番のトルコのサラダです。今日ではピヤズといえば白いんげん豆のサラダを指すのが一般的ですが、もとは「刻み玉ねぎ」を意味していたのだそうです。白いんげん豆にはいくつか種類がありますが、ここでは大福豆を使用しました。

材料(2~4人分)

分量は目安です。お好みで加減してください。

サラダ
白いんげん豆(缶詰でも) 乾燥したもので150g
赤玉ねぎか新玉ねぎ 2分の1個
イタリアンパセリ お好みの量
レッドペッパー(お好みで) 適量
ドレッシング
オリーブ油 大さじ2
レモン汁 大さじ1(レモン2分の1個分)
白ワインビネガー 小さじ1と2分の1
小さじ2分の1
黒こしょう 少々
トッピング(お好みで)
ミニトマト(トマトでも)
ゆで卵
黒オリーブ

作り方

1.乾燥白いんげん豆は一晩水に漬けて戻し、1時間ほど煮てやわらかくします。やわらかくなったらザルにあげます。(活力鍋だと水1カップで加圧0分~1分です。豆の新しさなどにもよりますが1分加圧したらやわらかくなりすぎていくつか割れていました)

2.ドレッシングの材料を混ぜ合わせてドレッシングを作ります。

3.赤玉ねぎはスライスし、イタリアンパセリは細かく刻みます。

4.ボウルに白いんげん豆、赤玉ねぎ、イタリアンパセリ、ドレッシングを入れて混ぜます。冷蔵庫で一晩なじませるとより美味しいです。

5.器に盛りつけます。お好みでレッドペッパーを振りかけます。

トマト、ゆで卵、黒オリーブをトッピングするのが定番です。トマトは作り方4で一緒に混ぜても。

ピヤズ(アンタルヤバージョン)


アンタルヤではピヤズにタヒーナ(白ごまペースト)を入れるということでこちらも作ってみました。

玉ねぎは今回赤玉ねぎを使いましたが、新玉ねぎや普通の玉ねぎでも大丈夫です。普通の玉ねぎで作る場合はスライスした後水にさらすと苦みが抜けて食べやすくなります。

材料(2~3人分)

分量は目安です。お好みで加減してください。

サラダ
白いんげん豆(缶詰でも) 乾燥したもので150g
赤玉ねぎか新玉ねぎ 2分の1個
イタリアンパセリ お好みの量
レッドペッパー(お好みで) 適量
ドレッシング
オリーブ油 大さじ1
ビネガー 大さじ1~2
レモン汁 大さじ1(レモン2分の1個分)
タヒーナ(白練りごまでOK) 大さじ6
大さじ4
小さじ2分の1
黒こしょう 少々
トッピング(お好みで)
ミニトマト(トマトでも)
ゆで卵
黒オリーブ

作り方(上と同じです)

1.乾燥白いんげん豆は一晩水に漬けて戻し、1時間ほど煮てやわらかくします。やわらかくなったらザルにあげます。(活力鍋だと水1カップで加圧0分~1分です)

2.ドレッシングの材料を混ぜ合わせてドレッシングを作ります。

3.赤玉ねぎはスライスし、イタリアンパセリは細かく刻みます。

4.ボウルに白いんげん豆、赤玉ねぎ、ドレッシングを入れて混ぜます。冷蔵庫で一晩なじませるとより美味しいです。

5.器に盛りつけます。お好みでレッドペッパーを振りかけます。

トマト、ゆで卵、黒オリーブをトッピングするのが定番です。トマトは作り方4で一緒に混ぜても。

ソーシャル
by
関連記事